Enjoy60! HappyRose 60歳の新しい門出に赤いバラを!
Happy Roseとは?
花キューピットのこだわり
バラの豆知識
商品紹介
バラの楽しみ方
バラのお手入れ方法
バラを愛していただくために…お客様へのお願い
バラをお受取りになったら
1、お受取り後、ラッピングペーパーを外してください。

2、すぐに、水につけたままの状態で切り戻し(水の中で茎を切ること)を行い、たっぷりと水の入った
  花瓶に入れ、陽のあたらない涼しいところに飾ってください。

3、花瓶の水は、毎日かえます。
  (栄養剤を使用の場合は、2日〜3日に1回かえてください。)バラが長持ちしない一番の原因は、
  導管(茎の中にある水を吸い上げる組織)に細菌が詰まり、水が吸えなくなることです。花瓶の水に
  細菌が繁殖しないように、いつも清潔な状態を保ちましょう。

4、長持ちするためのエネルギー補給として、花瓶に糖を入れます。
  しかし、糖だけ入れると花瓶の水の細菌が繁殖しやすくなるので、殺菌剤と組みあわせます。
  これは、一般に栄養剤(後処理剤)と言われ、様々な商品名で販売されています。バラは栄養剤の
  使用効果が高いお花です。

バラの元気がなくなってきたら
1、水に付く部分の葉は全て取ります。それ以外の葉は、およそ1/5程度残して取ります。葉とトゲにも
  水が回りますので、それらを取り除くことによって花に水が行き渡りやすくするためと、葉の表面か
  ら水分が蒸発することを防ぐ効果があります。

2、新聞紙できつめに包んでから全体を水に濡らし、水きり(水の中で茎を切ること)をしてください。

3、その後、なるべく深水につけておいてください。状態にもよりますが、おおよそ、2〜3時間で水があが
  ります。いったん水があがったものでも水を下げやすい花なので、もし水が下がってしまったら(元
  気がなく、首を垂れてお辞儀しているように見える状態)、前述のように水揚げしてください。


※ お花の管理については、花の専門店である花キューピットのお店にお問い合わせください。