Enjoy60! HappyRose 60歳の新しい門出に赤いバラを!
Happy Roseとは?
花キューピットのこだわり
バラの豆知識
商品紹介
バラの楽しみ方
バラのお手入れ方法
知られざるバラの世界。新たなバラの情報をお届けします。
  ・ バラの花言葉      ・ バラの歴史
バラの花言葉
バラには色によって、さまざまな花言葉が存在します。
贈り物をするときには、花言葉の意味も知っていると役にたつかも!?
熱烈な恋 美 暖かい心 私はあなたにふさわしい

バラの歴史
バラには遡ると長く深いさまざまな歴史が存在します。
歴史に隠れたバラの存在を勉強してみましょう!
花の女王と呼ばれているバラ
花の女王の名にふさわしく、その美しさ、香り、多彩な色をもって、バラは人類を魅了し続けてきた花です。絶世の美女とうたわれたクレオパトラは、バラの花で埋め尽くした客間にアントニウスを迎え入れてもてなしたそうです。また、彼女はバラの花から作られたローズオイルの愛用者でもありました。
暴君として有名な皇帝ネロもバラをこよなく愛しました。宴の時には広間にバラを敷き詰め、噴水の水にはバラ水を用いたそうです。バラの花びらで作った枕は彼のお気に入りであったそうです。バラの香りには催眠作用があるともいわれ、暴君ネロも眠れない夜をおくっていたのでしょう。ギリシャ神話にも数多くバラは登場しています。海の神が世界中で一番美しいものをつくろうとキプロス島の周辺の海の泡からヴィーナスを誕生させようとしたとき、それを見ていた陸の神が 空から降らせたのがバラの花でした。有名なルネッサンス時代の画家ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』は、その様子を描いたものです。
バラ戦争
バラは人類の歴史にも深い関わりがあります。15世紀にイギリスで王位継承を争って起きた戦争には『バラ戦争』という名前が付けられています。ヨーク家は白いバラ、ランカスター家は赤いバラが、象徴として戦われたからです。30年に渡ったこの戦いは、ランカスター家から王が出て、ヨーク家の女性と婚姻するという形で終結しました。この時からイギリス王室の紋章は、赤いバラと白いバラを組み合わせたものとなっています。
バラの世界を変えたナポレオン皇帝の妻ジョセフィーヌ
バラの園芸史上、欠かせない人物として、フランス皇帝ナポレオン1世の妻ジョセフィーヌがいます。彼女は、1800年代のはじめに世界中からおよそ250種類のバラを集めてマルメゾンの庭園を作りました。そして、この庭では、初めて人工交配が行われ、1850年までには4800種類以上の新しいバラが生み出されました。このため今日でも彼女は「バラのパトロン」と称されています。